香港・シャティン競馬場のコース特徴や高低差

海外競馬場高低差

日本馬おなじみの遠征先、香港国際競走が行われるシャティン競馬場の芝コースです。

メインレースの香港カップ以下、4つのG1レースの発走ゲートとゴールポストの位置、日本馬が走るコース高低差を視覚化してみました。
シャティンの馬場は海抜3メートルから6メートルの範囲に収まる、高低差の少ないコースです。日本馬には走りやすい高速馬場ですが
①スパート地点の前倒しが顕著
②以前にましてスピードとスタミナが要る

Sha Tin Racecourse

シャティン競馬場芝コース形状


■ 1周1899メートル
■ コーナー4の右回り
■ 各コーナーの曲率は37か38程度(R定規計測)
■ 2000m以上のレースはゴールポスト手前がスタート地点
■ 2400mの香港ヴァーズはゴール直線を2度通過する
■ ゴール直線は430メートル

シャティン競馬場高低差


コースで最も高度が高いのが、向こう正面です。そのため、3コーナーを通過した直線ターンまでの部分が、高低差2メートルの下り坂になっています。
この辺からスピードを上げて、ゴール直線になだれ込むイメージでしょうか。
芝はバミューダグラスにペレニアルライをオーバーシード。日本より丈は長めで、足元の感触は札幌に近いと言われています。日本のウィンブライトが滅法強いことからして、力を要する馬場のようです。
中山と札幌、次点で、阪神走る馬はシャティンと相性がいいと言われています。

進む高速化

2019年のタイムでは勝てない

2019年の香港ミーティングでは、4競走中3つのG1で日本馬が優勝したよ。もう去年の時計じゃ勝てなくなってるよ

勝利時計と区間ラップが示す変化

過去10年香港カップの勝利時計は、概ね2分0秒から2分1秒台でした。香港マイルは1分33秒台です。
ところが今年の前哨戦は、カップが2分を切りマイルも1分32秒台です。カップの勝ち馬は、去年のウィンブライトの4着でした。馬場状態は変わりません。芝の長さやグラウンドが変わったのかもしれませんが
前哨戦Jockey Club Cupの4着までが2分を切って走破しているのは衝撃です。
決定的に進化したところがあります。赤字で示した区間ラップの部分です。香港カップの当該区間は、23秒台で流れるのがお約束でした。ここのスピードを上げてきてる。
馬名・レース走破タイム400m800m1200m1600m2000m
2019香港カップ
ウィンブライト
2:00.5226.0423.9823.9823.4023.12
2020JCカップ
フローレ
1:59.3226.0323.9523.6022.9322.81
2020JCマイル
ゴールデンシックスティ
1:32.9125.1723.2122.6421.89

GF馬場は2分切りGは2分そこそこ

香港G1馬達の2000メートル走破時計を、今年の年初から洗ってみました。
馬場状態がGF(Good to firm)のときは1分59秒台で決着。G(Good)だと2分00か01です。
残り800から400区間は、GでもGFでも22秒台。やはり3コーナー手前から速度をあげています。

3角から直線と思え

赤いラップの部分は、3コーナーから直線入口までの400メートル区間です。3角はコース平面画像の右上のコーナーです。
残り800から400メートル地点ですが、この区間で速度を一段あげて11秒台に突入しています。
コーナー曲率がR37か8くらいで、タイトな下り勾配です。とくに4コーナーを減速せずまわれる巧さ、ホーム直線勝負のスピード、走り抜くスタミナが必須です。
コーナリングに関しては、阪神の内・外の4コーナーより緩めです。阪神で膨れない馬なら問題ないように思います。
直線向くまで余力温存と悠長に構えてしまったら、トロフィーに手が届くことはないでしょう。

日本馬は脚もつかな?ちょっと心配になってきたよ

ダノンプレミアムは香港カップで勝てそう?「日本馬勝算に関する考察」
イライラするほどツキがないダノンプレミアム。素晴らしい脚と貴公子のように美しい馬なのに、ここぞという所で運がありません。今度こそ勝利をつかめるでしょうか?香港カップでダノンは勝てるか?本音で着順を考察してみました



コメント

タイトルとURLをコピーしました