エプソム・ダウンズ競馬場のコース形状・高低差~英国ダービー・オークス~

海外競馬場高低差

英国ダービーとオークスは、エプソムダウンズ競馬場で開催されます。

走破距離は日本ダービーやオークスとほぼ同じ、2420メートルです。それなのに、平均的なタイム差は10秒もあります。
エプソムダウンズ競馬場の特殊な形状と、過酷な高低差がこの10秒差を生みました。古馬にとっても過酷すぎるエプソム競馬場のクレイジーコースを視覚化します。

コース形状

■ U字型の左まわりワンターン
■ 発走後、向こう正面は長い上り坂
■ 直線は下り勾配
■ ゴール前100mが急な上り坂

コース高低差

①ゲートを出た馬は、950メートル先にあるテッペンまで950メートル登坂
②①の高低差は約37メートル、平均角度は3.9%
③コーナーの前半は平坦、後半から下り勾配
④直線コーナーあたりが1600地点
⑤直線は約600メートル、2.3%の下り坂、残り100メートル地点から突如コースが隆起
パワーを使うのぼり勾配なので、前半1000メートルの通過ラップは70秒~71秒台が普通です。
向こう正面から最初のコーナーを過ぎ、U字の底の中央あたりから下り勾配がはじまります。平均勾配は2.3%です。
この坂はラスト1/2ハロン棒まで続き、ここで突然コースが隆起してゴールポストに流れこみます。ヘッダーの丸い画像がゴール坂です。

エプソムダウンズ・コース動画


ちなみに英ダービーのレースレコードは、ワークフォースの2分31秒33。この馬は3歳秋に凱旋門賞勝ったよ。ナカヤマフェスタに頭差勝ったあいつ




コメント

タイトルとURLをコピーしました