「ブレイキング・バッド映画化」ウォルターは復活するのか?

映画・ドラマ

最終回の視聴者数は1028万人

史上最高のおもしろさと絶賛されたブレイキング・バッドは、ドラマというよりは麻薬です。見はじめたら止まらない、シリーズ進行とともに視聴者数は膨れあがり、最終回は前代未聞の1000万人超えを達成しました。
米国のケーブルテレビAMCが2008年から2013年までの5年間、5シーズン62回のシリーズで放映した番組です。現在でもAmazonの動画配信、DVDでも全編視聴できます。見たら最後、むこう一ヶ月は寝不足必至です。
そのブレイキング・バッドが、10月11日、2時間映画で戻ってきます。NetFlixの動画配信でお披露目です。
最終回で死んだはずのウォルターは出演するのか?総力をあげて調べてみました。

映画の題名はエルカミーノ

>>ちょっと老けたね、スキニーピート<<


麻薬捜査官にジェシーの居所を尋問され、悪友のシキニーピートが「知らないぜ・・言わないぜ」と返しています。
ドラマの最終回、ウォルターに救われたジェシーが、急発進させ走り去った車を覚えていますか?そう、シボレーのエルカミーノです。
エルカミーノは、スペイン語で道を意味します。逃亡したジェシーのその後や、彼の人生そのものを示唆するタイトルなのかもしれません。



エルカミーノのあらすじ

麻薬組織に監禁されてメスを作らされていたジェシーは、エルカミーノを急発進させて消えていきました。彼が向かった新天地は、凍てついたアラスカだと憶測されています。


ストーリーは主人公ウォルターの相棒、ジェシーを中心に展開します。自由を手にしたジェシーは、アルバカーキーを離れアラスカで暮らしています。
本名を捨て過去と決別し、新しい家族と平和な暮らしを手に入れたジェシーに、魔の手がせまります。
高純度のメタンフェタミンを作るウォルター秘伝のレシピを知るジェシーは、麻薬組織が喉から手がでるほど欲しがる人材です。居所をつきとめられて、ついに組織に誘拐されてしまうのです。
家族のなかで孤立を生きたティーンエイジャー時代、その後ウォルターと手をくみ、覚醒剤の製造密売に励んだ生活は、エキサイティングながらも常に死の危険と隣りあわせでした。麻薬中毒の恋人を失い、傷つきやすく幸薄いジェシーは、母性本能をくすぐる人物です。
薄幸のジェシーがやっと手にした穏やかな幸福は、麻薬組織の手によって瞬くまに崩壊してしまいました。ジェシーは組織から逃げることができるのか?映画のテーマはズバリこれです。
「ブレイキングバッド」を見たことないの?無料で見れるシーズン1-1
映画の公開を待ちながら、エミー賞をはじめ、数々の賞に輝いたドラマ版ブレイキングバッドのシーズン1-1のあらすじを紹介します。まじめで地味な中年教師が、覚せい剤を精製して売りさばく。センセーショナルな内容が効いてか、宣伝がはばかられ知らない人も多いドラマです。映画が公開される前にドラマを見ておけば、鑑賞の楽しさは倍増です。

ウォルターは映画に登場するか

ブレイキング・バッド最終回

主人公のウォルターは最終回で死んだんじゃ?
マ-ティ・ロビンスのBabyBlueを聴きながら、大の字に横たわり意識が遠のくウォルターの姿をさいごにエンドロールが流れました。そのときのシーンです。

しかし、目は見開き、誰もが死の瞬間と納得する、頭がカクンと落ちる動作もありません。ウォルターは死んでしまったと錯覚させられただけかもしれません。
警官たちが通り過ぎたあと、起きあがって逃げたといわれれば、ふ~んそうだったかで済みます。
ウォルターは、生きてると思ってるでしょ?残念!製作者のギリガン氏はキッパリ否定したよ。ウォルターは死んじゃったの

ブライアン・クランストンさんのインタビューから


Cranston also said that Gilligan had reached out to him about the project — which may be for TV or movie theaters — but he doesn’t know if “there is an appearance, or what kind of appearance — flashbacks, flash-forwards, I have no clue. ”

クランストン氏は、TVか劇場用になる映画プロジェクトの連絡をギリガン監督からうけていた。登場するのかどうか、出番はあるとして、回想シーンなのか未来の場面になるのかは、見当もつかない。
後日の別インタビューでは、映画に出演すると公言しています。ウォルターは過去の回想シーンで出番があるのか、生きている人物として出てくるのかは、漏らしていません。
別のラジオ番組のインタビューでは、クランストン氏はこう語りました。「始まりから最終章の死まで、ウォルターの人生は完璧だった。生き返って出てくるのはちょっと違うんじゃないかと」
エルカミーノの内容に関しては現、在も厳しい箝口令がしかれています。ストーリーも、ウォルター出演の詳細も、ヴェールの奥から漏れ出てきません。
どんな映画なのかは、10月11日ネットフリックス公開で確かめましょう。
エルカミーノ公開までに、見ておきたい。あなたの人生にはずせないドラマです。第一話、化学教師 ウォルター・ホワイト。全てはここから始まります。
家族に金を残すため、麻薬ビジネスに手を染めたウォルター。温厚な中年教師の変貌ぶりがおもしろい




コメント