「シンク・オア・スイム」は面白い?あらすじや見どころを正直レビュー

映画・ドラマ

お腹がたるんだ中年男子が華麗なマーメイドに?

おじさん達のシンクロ映画がフランスで大ウケ、と聞きひと足お先に鑑賞しました。
「本当に面白かった?」答えは「うんうん」。映画見ながら噴いたのは、『テルマエロマエ』以来です。周囲に推してもガッカリさせない映画でした。
テルマエとちょっと違うのは、見たあとの高揚感です。気分がアガ~り、人生っていいなモードに変わりました。
連れだって鑑賞もよし、気分転換にひとりで観るもよし、デートにもお薦めです。この映画には、彼女が見とれてしまうようなイケメンが、一人も出て来ません。あなたが男性なら、滅ったにないアドバンテージかも。

シンクオアスイムってどんな映画?

  • フランスで400万人動員
  • セザール賞10部門ノミネート
  • 観客動員数はボヘミアンラブソディーの次点

あらすじ

くたびれつつも味のある8人のおじさん達が、シンクロチームを結成し覚醒する話です。
Sink or Swimの意味はイチかバチか。泳がなければ人生ごと沈んでしまいそうな面々は、あろうことか、男子シンクロの世界選手権を目指してしまいます。

寄せ集めのメンバー達は、うつ病・離婚・倒産とバラエティにとんだ問題をかかえています。共通項は、みんな崖っぷちに立ってること。
それでも仕事がえりに市民プールに集まって、デルフィーヌの指導のもと練習にはげんでいます。
ところが、デルフィーヌを打ちのめす事件発生。プールに来なくなった彼女の代わりに現れたのは、鬼より怖いアマンダでした。
アマンダが姿を見せると、ピーンとはりつめます。落雷のような叱責に、全員がふるえています。
特訓でへとへとになるおじさん達。腹はたるみスネ毛が生い茂るおじさんマーメイド達の努力は、報われるのでしょうか?



シンクオアスイムの見どころ

濃いキャラ登場人物

主人公ベルトラン

いるだけで空気を重くするベルトランは40歳。2年前に鬱で退職し、妻が家計を支えています。覇気を失いネクラのトドのように過ごす彼は、家族にも疎まれる毎日です。
市民プールのチラシに惹かれ、シンクロチームに参加したベルトランは、ウツから抜け出せるのでしょうか?

脱アル中コーチのデルフィーヌ

かつてのデルフィーヌは、前途洋々たるシンクロ選手。現在は脱アル中を目標に、禁酒会に通っています。
彼女の心のささえは、愛する彼氏と男性シンクロチームの育成です。そんな彼女の恋に、大きな悲劇が襲いかかります。コーチを失ったシンクロチームは、あわや解散・・・?

中年童貞ティエリー

市民プールの職員かつシンクロチームの一員のティエリーは、人が良さげなボッチおじさん。
ルックスは非モテの典型で、もちろん全然モテません。でも、良い奴なんですよね。もしかしてデルフィーヌと合うかも。デルフィーヌは・・たぶんノンって言いそうですが。

ダメ経営者マルキュス

スーツに身をつつんだマルキュスは、いっぱしの実業家に見えますが、彼の会社は風前のともしび。会社をつぶすのは、これで4回目です。
ワールドカップ遠征費用は、ひとりあたり3万6千円。メンバーには工面できない大金です。そこで、マルキュスが立案した金策とは・・やっぱダメだこのおじさん。

夢追いロッカーのシモン

「お父さんには音楽の才能なんてないの」小学生の娘に指摘された可哀そうなシモン。場末のステージで歌いながら、小学校の給食係の仕事をしています。
音楽で身をたてる夢にすがりつく彼は、娘とキャンピングカーで暮らしています。一同は、このキャンピングカーに乗り込んで決戦の地へ向かいます。

怒りんぼのロラン

ロランはシンクロチームのエースです。見た目が一番まともな彼は、ジャンプを任されるチームの花形です。
ロランは、皮肉っぽくて怒りんぼ。妻と子は、そんな彼にいや気して家をでてしまいます。でも不思議、人生が楽しくなると、棘って抜けて行くんですね。

鬼より怖いアマンダ

空気を切り裂くカミナリ喝で、1ミリも妥協せずおじさん達を鍛えるアマンダ。
アマンダとデルフィーヌは、シンクロのデュエットでした。アマンダの下半身麻痺が原因で、ふたりの将来は閉ざされてしまったのです。
酒におぼれたデルフィーヌ、精神力で乗りこえたアマンダ。このへんの違いも見どころです。



映画の残念なところ

Call me

ひとつだけありました。プロモーションで流れている曲に惹かれたのに、本編では出てきませんでした。
40年前の曲だなんて驚きです。マーメイドおじさん達の青春を彩った名曲はBlondieCall meです♪
>>プライム会員なら全曲無料<<

上映館情報

関東だと、新宿ピカデリー・ヒューマントラストシネマ渋谷・kino cinema 横浜みなとみらい・ MOVIXさいたまで公開です。
全国の上映劇場リストはこちらから。

コメント