【車盗難】あなたの車のドアロックはこうして簡単に破られる【具体例】

リレーアタック・車盗難

ドアをロックしてたのに、愛車を盗まれた

根強いドアロック信仰に、メスを入れてみます。泥棒は、あなたの愛車の施錠をいともカンタンに解除します。どんな方法でドアを開けるのか、疑問に思ったことはありませんか?
アナログ手法からハイテク機器を活用する方法まで、代表的なやり方を具体的に紹介します。ドアロックに対する過剰な信頼を捨て、脳のスイッチを切りかえる一助になれば幸いです。

ロック破りのアナログ手法

キーシリンダーを破壊

鍵を挿して開錠する車のドアは、鍵なしで開けられます。まずは、古典的で粗野なドア破りの方法です。
悪党は金属の平棒やマイナスドライバーを手にして、あなたの車を目指します。鍵穴にフィットし強度があれば、どんな物でもかまいません。
用意したものを鍵穴に押しこみます。力をいれて左右にガチャガチャ揺らし続けると、そのうちロックがはずれます。最短所要時間は20秒。もちろんシリンダーは壊れますが、泥棒にはどうでも良いことですよね。

エアーインフレーターを活用

善良な市民の用途

善良な市民は、家具の下にラグを敷いたり、重い物をジャッキアップしたりするときに、エアーインフレーターを使います。
空気圧で労せず隙間がつくれるので、作業がぐんと楽になります。「家具の下に耐震マットを置きたいけどどうしよう~?」という場面などで重宝します。

【便利なエアーインフレーター】
エアージャッキ ともいいます。密封されたシリコンケースに、小さなポンプがついています。

車泥棒の用途

悪党も、すき間の確保にエアーインフレーターを使います。車のドアのすき間に滑らせて膨らませると、すき間は拡大します。これで準備完了です。
広がった空間に、太めの金属ワイヤーを通します。ワイヤーの先端は、鉤状に曲げられています。この鈎で、内側からドアロックを解除します。
マジックハンドのイメージでしょうか。シンプル過ぎる道具ですが、レバーを引っ掛けてポンっと引っ張るだけで、ドアは開きます。
ドアロックが引っこんだ位置にある車種は、難易度があがります。それでも、手なれた泥棒には、30秒の作業時間でじゅうぶんです。
愛車ごと盗まれなくても、車内の物は持ち去られる
予防策は

  • 人通りの多い場所に駐車する
  • 監視カメラがある屋内パーキングがベスト
  • 貴重品やノートパソコンなどは車内に残さない

これだけでもリスクを減らせます




ハイテク機器でアンロック

泥棒のターゲットはあなたの愛車
リレーアタックやコードグラバーなどの機器は、車そのものを盗む目的で使われます。新型のセキュリティデバイスは、平均半年で突破されます。愛車のガードは、物理ロックのほうがずっと安心です。

リレーアタックでドアを解錠

2019年1月、東大阪のレクサスLS500盗難未遂事件の映像です。日本で初めて、防犯カメラがリレーアタックの現場をとらえました。


映像は、レンジ拡張器で屋内のスマートキーの電波を増幅させてリレーする方法です。または、立ち寄り先のパーキングで、狙われた車のドライバーの後ろをつけて、拾った電波を解錠役へリレーするスタイルもあります。

最新仕様のキットは、150メートル先まで電波を飛ばしてリレーできます。背筋が寒くなりますが、スマートキーを電波遮断キーケース に入れておけば対策できる犯行です。自宅の冷蔵庫にスマートキーを保管して、電波もれを防ぐひともいます。これも立派な盗難予防策です。
でも、完璧ではないのが残念です。スマートキーの電波漏れは防げても、自動車側が出す信号は拾えるからです。

車からも信号が発信されていますよね。エンジンを停止して駐車中の車からも、シグナルは盗めます(ノ´Д`)
車の外で信号をゲットしたら、即興で解錠デバイスが作れます。所要時間は最短30分です。残念ですが、100%の予防策は存在しません。

コードグラバーで解錠

コードグラバーを使われると、お手あげです。有効な防止策はありません。あなたのスマートキーが、完全に複製されてしまうからです。
コードグラバーが使われた犯行は、国内ではまだ確認されていません。捕まっていないから公になっていないのか、上陸まえの静けさのどちらかだと思います。
コードグラバーについては、こちらに詳しくまとめています。用心しつつ物理ロックで対策してくださいね。

「コードグラバーとは何なの?」画像や映像をまじえて詳しく解説
コードグラバーが使われた可能性のある自動車盗難事件が、茨城県で発生しました。本当であれは、やっぱり上陸したかと憂鬱です。日本では知られていない、恐ろしいキットについて、詳しく紹介します。




コメント