喪中のお正月にやっても良いこと、良くないことの具体例

家族や親戚が他界した翌年のお正月は、どのように過ごせばよいのでしょうか。そもそも「わたしは喪中?」「俺はどうかな」と、判断に迷うことがあります。

お正月を服喪で迎えるのはどんな時か、いっしょに整理してみましょう。喪中の年末年始にやっても良いことや、控えることをまとめました。モヤモヤした疑問をはらい頭をスッキリさせて、新しい年を迎えてくださいね。



お正月を服喪で過ごすのはどんな人?

亡くなった親族を想い喪にふくす期間は、明治7年に太政官が布告した忌服令で規定されました。廃止されたとはいえ、喪中に関するコンセンサスの原型になった法令です。
これを参考に、あなたが喪中にあたるのかどうか、順をおって確認していきましょう。

亡くなった人の一周忌が済んでなければ喪中

ざっくり定義すると、身内が亡くなり49日を過ぎるまでが忌中で、一周忌までは喪中とおぼえておくと間違えません。
わかりにくいのが、喪に服す身内の範囲です。いとこや叔母さんが亡くなったけど、お正月は喪中なのか?と問われれば、答えはNOです。

喪中の範囲は2親等

他界した人が2親等までの親族であれば、迎えるお正月は服喪で静かに過ごしましょう。ただし、例外もあります。あなたの叔母さんは3親等にあたり、服喪の対象外ですが、2親等外でも同居であれば服喪が一般的です。

配偶者の身内のばあいは

配偶者の親が亡くなったら、あなたも喪中のお正月を過ごします。兄弟姉妹や祖父母、姪や甥の場合は、どうでしょうか?義務ではありませんが、じぶんの身内が亡くなったのに、配偶者がお祝いモードでどんちゃんするのは、見ていて気持ちの良いものではありませんよね。
こんなときは、波風が立たないように事前に話あっておきましょう。「親しき間にも礼儀あり」で、肉親を失った夫や妻の心情により添うことが大切です。
迎えるお正月を服喪する条件は
・親や兄弟、祖父母、子どもが亡くなった
・同居の親戚が亡くなった
・配偶者の両親がなくなった ※親以外ならどう過ごすか、夫婦で話しあっておきましょう
・まだ一周忌が来ていない

喪中の年末年始の過ごしかた

やっても良いこと

年越し蕎麦

大晦日に蕎麦を食べる習慣は、江戸時代に定着しました。細く長いソバを長寿にたとえ、縁起をかついだのが由来です。またうどん比べて切れやすいことから、その年にたまった悪い因果や借金を断ちきるという意味もあります。喪中でも遠慮せず食べましょう。
お雑煮
お祝いの料理ですが、通常の食事としていただきましょう。年が明け、初めておこした火と初めて汲んだ水で、供えた米や作物を煮込んで食べたのが雑煮の由来です。神様とともにいただく意味で、両端が細くなった祝い箸を使う習慣もあります。喪中の正月は、普通のお箸を使いましょう。
大掃除
神棚や仏壇もふくめて、大掃除にタブーはありません。神仏が座する場所を清めたことが、掃除のはじまりです。年末の大掃除は、平安時代から現代まで続いています。穢れを清め暮らしの場を浄化して、新しい年を迎える大切な行事です。喪中でも率先して行いましょう。
お寺の初詣
喪中の初詣は、お寺がオススメです。49日の忌があけていれば、神社の参拝もOKですが、喪が明けるまで神社のお参りを避ける慣習もあります。神道が死を穢れとするのに対し、参拝を故人への供養として受けいれる仏教の考え方の違いです。
墓参り
初詣はパスしてお墓参りにいくことも出来ます。故人や先祖をしのび挨拶に出向くのは、年頭に気持ちをただすことにも繋がるすばらしい行為です。
お年玉
あげても、貰っても問題はありません。

やってはいけないこと

お正月飾り

門松や鏡餅、しめ縄飾りなどお正月の飾りつけは、すべて控えます。これらは、神様をおむかえし新年を祝うオーナメントです。お祝いごとを慎しみ故人を悼む喪中期間は、普段どおりにしてください。
お屠蘇
お屠蘇は、新年を祝う膳の前にいただく祝い酒です。邪気払いや家族の健康を祈る意味もありますが、喪中は控えるのが一般的です。
祝いおせち料理
おなじくお祝い色の強い派手なおせち料理も、慎みましょう。とくに鯛や紅白のかまぼこ、華やかな伊勢海老などは来年の楽しみにとっておきましょう。喪中向けのおせちの通販もあります。
お正月用の食事を家庭で用意する際は、三段重ねのお重に詰めたりせず、普段とお同じ食器を使いましょう。

コメント