「2020年ケンタッキーダービーは4強+隠し玉」優勝候補の5頭ってどんな馬?

ケンタッキーダービー
コロナ禍で、ケンタッキダービー開催日は、5月2日から9月5日に延期されました
今年のケンタッキーダービーは、馬券へたくそ族に大チャンス。4強だから、3連当てる好機だよ。日本馬遠征でJRAが馬券発売です
あっという間に秋がきます。コロナ巣もぐりの今のうちに、ざっと予習しておきましょう。

2020年ダービー戦線は4強体制

今年のダービー馬は、スーパー4のどれかという見方が大勢です。その抜けた4頭がこちら。
  • ティズザロー
  • シャルラタン
  • オーセンティック
  • ナダル※骨折で現役引退済
スーパー4の3頭は、名門バファート厩舎の馬です。
バファート調教師が自厩舎ビッグスリーと呼ぶのは、シャルラタン・オーセンティック・ナダルの3頭。※ナダルは5月28日の調教後、骨折が判明し引退が発表されました。
いっぽう、勝率12%のイマイチ厩舎のホープが、ティズザローです。
神々しい大厩舎と地味な厩舎の大激突。その周りを、秋までに吃驚成長して筋書きを変えてもおかしくない強い馬が囲んでいます。
最後にもう一頭、延期の追い風をうけた素質馬が、ダービー戦線に名乗りをあげました。まもなくデビューの高額馬が、勢力図をひっくり返すのか?目が離せません。
この秋、ロマンを背負い遠征する日本馬は、この構図の中へ飛び込んで行きます。ガンバレ!

優勝候補の4強とは

バファート厩舎のビッグスリー

シャルラタン Charlatan

スピード指数(最高)調教師
108
B・バファート
SPEIGHTSTOWN
AUTHENTICITY
バファート師
バファート師

この馬めっちゃ速いぞ。

シャルラタンは、2月のデビュー戦と翌月の定量OPレースの2戦に出走し無敗です。2勝とはいえ、ダービー出走権獲得ポイントはまだ0点。
サンタアニタのマイル定量戦の走りは、「めっちゃ速いわ」とブックメーカーのアナリストを唸らせ、「めっちゃ速いな」とダービーファンを黙らせました。
各ブックメーカーは、この馬をビッグ3の最上位に評価しています。

>>シャルラタン サンタアニタ1600m 1:36.24<<


彗星のごとく戦線に躍りでたシャルラタンの仕事はただひとつ。ケンタッキーダービー権利ポイントの獲得です。
5月2日、2分割開催されたアーカンソーダービー①組で優勝し、ダービーチケットを手にしました。

オーセンティック Authentic

スピード指数(最高)調教師
113
B・バファート
Into Mischief
Flawless
バファート師
バファート師
後ろで砂をかぶる稽古は卒業。外へまわしても大きく出ていけるからね。長い脚が使える馬だ、ダービーの距離は全く問題ない。
オーセンティックは既に60ポイントを手にしており、出走圏内に残るとみていいでしょう。
アーカンソーダービーは走らず、次走は6月6日に予定されているサンタアニタダービーです。もちろん優勝候補です。
オーセンティックの総合評価はシャルラタンのちょい下で、ビッグスリーのもう一頭、僚馬ナダルとほぼ同格です。

>>オーセンティック サンタアニタG2・1700m 1:43.56<<


「インのコーナリングも上手いし、前後・内外自在に回せるオールマイティーな馬だ」と調教師は語っています。

ナダル Nadal

5月28日調教後に骨折が判明し引退今後は種牡馬として、第二の人生を送ります。
スピード指数(最高)調教師
107
B・バファート
Blame
Ascending Angel
バファート師
バファート師
デカくて強いぞ。デビュー戦はレコード勝ちだ。輸送してもへこたれない。水が浮く馬場より、乾いた馬場むきだ。

>>San Vicente Stakes G2・1400m 1:22.59<<


ナダルの馬体重は590キロと、破格のデカさです。馬格は4強トップではないでしょうか。
デビューは2020年1月で、現在4戦4勝です。水すべりする馬場は苦手なようです。
オークローンパーク開催の、G2リベルステークスがこれでした。1周4コーナーのSloppy(水浮きの不良馬場)な1700mを1:44.97の時計で走破しました。
ダービーの日が雨天なら、田んぼ嫌いを思い出したいところです。スピード指数が少し低めでしたが。アーカンソーダービーの走破時計は憂慮を一蹴させました。

ナダルとシャルラタン準直接対決

2分割開催のアーカンソーダービー

コロナ禍で競馬が休止されるなか、出走レースを求めた馬が集中したアーカンソーダービーは、異例の2分割で開催されました。
それぞれの組で優勝したナダルとシャルラタンの走りを比較した動画です。両馬ともに、アメリカンファラオが持つレースレコードを塗り替える時計でゴール。


DISTANCE: 1 1/8 Miles
TRACK CONDITION: Fast
上:シャルラタン勝利時計 1:48.49
下:ナダル  1:48.34
昨年アーカンソーダービーを制したオマハビーチの時計は、1:49.91でした。昨日までレースレコードを持っていたアメリカンファラオは1:48.52でゴールしています。
オーセンティック・ナダル・シャルラタンのスーパー3は、揃って前を行くフロントランナータイプです。隠し玉のセザンヌもそうなので、こりゃダービー圧巻ですね。

成績いまいち厩舎の希望の星

ティズザロー Tiz The Law

スピード指数(最高)調教師
117
T・バークレー
CONSTITUTION
TIZFIZ
タグ師
タグ師
アメリカ3冠全部出すんだ。トラヴァーズSも走らせる、そのあとはブリーダーズカップへ行くのさ。バファートの馬とはやりたくないな・・
ティズザローのダービー獲得ポイントとブッキー評価は、足元堂々の1位です。ケンタッキーダービーで勝てば、82歳のタグ調教師にとって16年ぶりの快挙です。
48年の歴史ある厩舎とはいえ、バファート調教師とくらべるとタグ師の成績はパッとしません。ヤバいよこの厩舎、去年は12勝しかしてないじゃん・・
厩舎の成績を比較してみました。判官びいきの心に火がつきそうです・・
2019年 出走回数 勝利数 勝率 獲得賞金
バファート師 325 78 24% 10億2500万円
タグ師 103 12 12% 1億5500万円
2019年8月デビューのティズザローの成績は、5戦4勝です。スピード指数も4強トップだし、4勝のうち2勝はG1です。とういうか、新馬戦以外は重賞しか走っていません。
タグ師の調教人生の集大成になる馬ではないか?老境で頑張るトレイナーへ神が届けたプレゼントのような素質馬です。

負けたレースが気になります・・2ターンのG2レースで3着。Sloppy馬場の1700mで、推定1:46.20。ナダルより1.2秒遅い

唯一負けたケンタッキーJCステークスは、ケンタッキーダービーの舞台、チャーチルダウンズ競馬場で行われました。300m短い距離ながら、本番と同じくコーナーを4つ通過します。
この馬はワンターントラックの申し子か?と心配する向きも現れました。田んぼ馬場も苦手かもしれません。

バファート厩舎の隠し玉

セザンヌ Cezanne

スピード指数(最高)調教師
B・バファート
Curlin
Achieving
まだデビューすらしていない馬です。
しかしながら、昨秋はダービー馬候補の1番手にあがっていました。セール落札価格は約4億円、馬主はクールモア総帥ジョン・マグナー氏です。

バファート師
バファート師
マジもんの素質馬だぜ。セザンヌへの期待は特大だ。ダービーが秋に延びたから、向かわせることにしたんだ
高額馬様でも走るとは限らないのが、競走馬の世界です。「ふ~ん、額面サギかもね」猜疑心が生まれます。
で、こんなこと言った爺ちゃまがいます
「ボブ、俺はこれまでいい馬たくさん出したよな」
「だが、これほどの馬はいなかったんだよ」
バファート調教師に話したのは、J.Jクルッピさんです。リーディング調教師として30年、のちに牧場を開いてコンセイナーに転身し、多くの名馬を世に送り出しました。
アンクルモーやオールウェイズドリーミング、昨年ブリーダーズカップを制したヴィーノロッソも、クルッピ爺が手がけた馬でした。
ヴィーノロッソより凄いの?60年も馬を訓練してきた爺ちゃんが言うんだから、期待がふくらむよね
セザンヌは、昨年10月にデビュー予定でした。骨の成長を妨げたくないとして、今のいままで延期中です。
バファート師
バファート師

カーリン産駒は晩成なんだな。セザンヌには、ゆっくり時間をかけてるんだ

そのセザンヌが、調教トラックに姿をあらわしました。バファート師は最近のインタビューで、ケンタッキーダービーに出走させる意向を語っています。
>>デビューが近い?台風の目セザンヌ<<

どんな馬なのでしょう?、6月初旬にサンタアニタでデビューさせると、バファート調教師が発表しました。

ケンタッキーダービーに出走する日本馬

ポイント上位で登録済

出走馬選定レースでポイントを獲得し、アメリカ三冠に予備登録済の筆頭候補は、カフェファラオです。
米国では、カフェファラオが来ると決めつけてる雰囲気がありますが、まだ確定はしていません。
  • カフェファラオ(30点)
  • ヴァケーション(20点)
開催日の延期に伴い、日本のポイント対象レースも追加されると主催者の発表がありました。新たに加わるレースについては、今後の発表待ちですが、
  • タガノビューティー(12点)
  • デュードヴァン(10点)
この2頭も、成績次第でポイント1位に浮上するかもしれません。でも、やっぱカフェファラオかな~期待が持てる馬ですよ
せっかくポイント稼いでも、辞退する馬がいっぱい出るよね・・なんで?
ケンタッキーダービー挑戦の財布にまつわるシビアな現実は、次回のお楽しみ。

日本馬がケンタッキーダービー出走を辞退しまくる理由
2016年にケンタッキーダービー出走権獲得のポイント制度が設けられ、日本の馬にも毎年1枠用意されています。権利をとったのに、辞退する馬ばかり出るのはなぜ? 謎解きは、財布を開けると見えてきます。米国遠征をめぐるシビアな現実を、ぜひ話のタネに。




コメント

タイトルとURLをコピーしました