どうしたものかGoogleにインデックスされない

失敗の記録

インデックスされない事件

サブドメインの雑記ブログー

あなたが読んでいる、このブログの失敗談のお話です。
本ブログは、地味ながらもかれこれ1年以上運営してきたサイトのサブドメインに存在します。メインは特化サイトなので、書く内容が絞られます。
フレグランスやBOのサイトに突然、「最強牝馬アーモンドアイの末脚が炸裂した!」なんて文章が出てきたら、書いてる本人も吃驚してしまいます。なので、なんでも扱う息抜きの場として生まれました。
N’importe quoi、c’est bonはフランス語でなんでもいいよ~という意味の、管理人の口癖です。ジャンルを限らず旬なトピックを取りあげ、検索エンジン経由で多くのひとが来てくれる場にしたい。広告収入を狙う下ごごろが、溢れそうなほどタップリです。

イベントに向けての記事

時は2018年11月22日、いろんな目的を混ぜあわせたら、3日後に開催されるジャパンカップが初記事になりました。はち巻して書いた3000字の下の記事が、グーグルにスルーされた問題の記事です。

アーモンドアイが勝つのか?競馬知らずも楽しめる今年のジャパンカップ
競馬ファンじゃなくても、今年のジャパンカップは大注目です。10年に一頭でるか出ないかのスーパー牝馬、アーモンドアイは強豪牡馬に勝てるのか。競馬に疎いあなたも楽しめるように、アーモンドアイ情報やレースの見どころを解説してみました。

 

最近はまったアーモンドアイが出走するジャパンカップを見据え、「どれぐらい来てくれるかな~」「アドセンスをクリックしてくれるかな~」と能天気な皮算用でにんまりして、フェッチしたのを覚えています。るんるん♪

が、なんということでしょう。Googleはインデックスしてくれませんでした。ジャパンカップ開催日の朝も、一夜あけた26日も、まだインデックス登録はされていません。
登録から削除される話は聞いたことがありますが、インデックスお預けは耳学問でもならいませんでした。雷にうたれたような衝撃です。

なぜインデックスされなかったのか

Gがなぜインデックス登録してくれないのか、専門家ではないので正確な理由はわかりません。素人ながらに思うところを書いていきます。

生まれたてのサブドメインはドメインパワー無

サブディレクトリはドメインパワーを引き継ぐが、サブドメインは引き継がないと聞いたことがあります。メインサイトは地味ながらも、Gにフェッチして知らせればすぐにインデックス登録してくれます。
競合の少ないキーワードなら、1ページ目で出てくることだってありました。なのにGはなぜ来てくれないのでしょう?
実はGoogleは来ていた
Googlebot/ 39 0.3 11/26 07:13
サーバーログでは39ヒットあります。カウント形式が違うので39回ではありませんが、確かに足跡が残っています。んで、スルー。
この瞬間、アフィリエイトの猛者さんたちが、わざわざ中古ドメインを購入するのはなぜか、そこにコンテンツを載せてサイトを作るのはなぜか、身をもって理解しました。
検索エンジンに登録してもらえない、登録が遅いというのは死活問題です。インデックスされてもドメイン力が弱く、上位浮上にモタモタして時間がかかれば、時間のロスが積みあがります。
サーチエンジンのアルゴリスムの仕様がそうなっている限り、中古ドメインを活用するほうが遥かに合理的です。マゾヒストじゃなければ、みんなそうするわ。
上述の記事が登録されなかったのは、ほかにも理由がありそうです。

その手の記事ならお腹いっぱい

憶測ですが、その手の記事はたくさんあるから、アンタの駄記事は要らないよという判断ではないかと思います。
ジャパンカップ アーモンドアイで検索すると、出るわ出るわ。報道機関のオンラインニュース系と、筋金入りの競馬情報サイトがびっしり10ページまで並んでいます。
あちゃ~・・大失敗。ぽっと出の処女サイトには、禁忌のゾーンでした。最初に見とけよと言われてしまえばそれまでですが、勢いで書いちゃったので、今ごろ頭ボリボリ掻いてます。

アーモンドアイのトピックから撤収すべきなのか

これはない。Gがムっとすることをしたら全無視、これですよ。対策の方法なんて知らないから、開きなおるのがわたしの流儀です。
来年の秋までに、大好きなアーモンドアイの記事をさらに数個投入して、凱旋門賞の日を迎えることとします。この日までに、インデックスされるかどうかは分かりません。
たとえネット上のゴミあつかいされてもスタンスを変えない!というのは強がりです。正座します、G様助けて、ぜひインデックスお願いします(笑

この失敗で学んだこと

2つの教訓
・イベント記事は1ヶ月以上の余裕をもって書く
・競合・強豪だらけの禁忌ゾーンは避ける

追記 SEO的にはサブドメインとサブディレクトリはどっちが得なのか

ネット上では、意見が別れています。サブディレクトリはドメインパワーを継承するが、サブドメインは無しという説明が多いのですが、変わりはないという記述も見かけます。
どっちやねん、判断がつきません。こんな時はGに確認するのがいち番です。

Googleの見解

2017年12月Google WebmasterがYoutubeにアップした動画を参照してみましょう。Gのなかの人は、SEO的にはどちらも同じだから、長期的な使い勝手で選択してくださいと回答しています。

コメント欄に並ぶ反論

コメント欄では、Muller氏の言及とは異なる現実が指摘されています。「実際にデータをとって検証したが、同じじゃないぞ、サブディレクトリのほうが有利」という反論が大半です。
「サブドメのコンテンツはインデックスして貰えなかったが、サブディレクトリに移したら登録されて順位がついた」というコメントもあります(笑
メインサイトの下部層に置いてもおかしくないような内容であれば、サブディレクトリを選択するほうが良さそうですね。アーモンドアイが末脚を爆発させるわたしのは、載せかえは無理だわ・・・
「Googleがインデックスしてくれない」Gに駄目出しされたサイト
sitemapを送信してもGoogleにインデックスしてもらえない。悩むサイト主にGの中の人が指摘した理由とは?またGに愛され評価されるのはどんなサイトなのか?具体例をあげ考察してみました。

コメント