ブログに人が来ない?この技だけで訪問者が50人集まるよ

wordpress備忘録

ブログに誰も来てくれないと、悩むあなたのお役にたてれば嬉しいです。なぜなら、今のあなたは1年半前のわたしにそっくりだからです。

ワードプレスを始めた頃、わたしは絶海の孤島の住人でした。「友だちに伝えるように書け」ネットで拾ったアドバイスを胸に、眠い目をこすりながら毎晩コンテンツを作っていました。
書いても書いても、書いた先には誰もおらず、あわれな道化師の日々が続きます。馬鹿みたい、やってらんな~い気持ちに負けて、ブログの更新がとだえる最初の関門です。
最初はそんなもんだよとネットで見たでしょ? これからそうでもないよ、という話をします。最初の頃に分かっていたら、落ちこまずに済んだのです。500円の価値がある無料情報ですからね。あなたも涙をふいたら、次の記事で新規訪問者を50人ゲットしてくださいね。

訪問者を呼ぶ具体的な手順

知っ得メモ♪

  • 検索結果の画像ページから流入する訪問者は一定数いる
  • 画像の並びは新着優位
  • 記事のトップ画像が表示されやすい
記事をアップしてGoogleにフェッチしたら、狙ったキーワードで実際に検索してみましょう。そのとき画像の結果ページも開いてみてください。テキストの検索順位と画像の順位が、一致しないことがわかります。
※Googleにフェッチって何ですか?さんは、サーチコンソールを始めて、Fetch as Googleをやってみてね。Fetch as Google機能が終わる2019年3月以降は、URL検査で代替します。



画像ページの検索表示結果をチェック

検索順位を確認するさい、テキストの結果表示ばかり見てませんか?記事に画像を載せるときも、面倒くさがってテキトーにやっつけてるでしょ。わたしは見事にそうしてました。
初心者のあなたや、出来たてホヤホヤ記事の順位をあげたい人が頑張るのは、このフィールドです。画像ランクのアルゴの方が、新着記事に優しいのです。たとえ数日間のハネムーンでも、ここで集客する癖をつければ、ブログの成長は早くなりますよ。
また事前調査のさいにも、画像ページのチェックは絶対にやるべき。任意のキーワードで検索をかけると、表示される画像結果のページは、たいていの場合、無味乾燥としたイメージの羅列です。
その中にクリックしたくなる画像があれば、どうなると思いますか?あなたの画像が集客を独りじめです。少なくとも、50人があなたのブログを訪問します。

記事のトップ画像をキャッチーに

キャッチーな画像を作るのに、お金はいりません。ちょっぴり、センスを効かせるだけです。クリックしたくなるのはどんな画像なのか、視点を定めてあれこれ鑑賞すると、画像があなたに教えてくれます。真似しましょう(笑
画像ページは、キーワードに群るライバルの存在も教えてくれます。経費プンプン画像やプロっぽいイメージは、大手メディアやアフィリエーターさんのサイトです。個人ブログのオリジナル写真も、たくさん出てくるでしょ。
あなたの画像は、インデックス登録されてから数日間、ここでライバルと戦います。釣れる画像を用意しなくてはいけません。目だつ、わかりやすい、クリックしたくなる画像を作りましょう。




実際にフェッチした記事で検証

検索表示は圏外

数日前にアップしたわたしの記事で、具体的に説明します。
リレーアタック対策にアルミ缶やキーケースが役に立たなくなる理由
今後日本で増えていくのは、古典的なタイプのリレーアタックではありません。北米やヨーロッパを荒らしている、新しいリレーアタックです。アルミ缶やキーケースでは防げない、恐ろしくもハイテクな車泥棒の手口を説明します。リレーアタック機器の画像や動画も紹介しています。
この記事はフェッチして直ぐにインデックス登録されたものの、その場ではランクが付きませんでした。リレーアタックは記事の層が厚く、報道ニュースや自動車情報サイト、個人ブログなど多くの情報がせめぎあっています。
  • リレーアタック      →圏外
  • リレーアタック 対策   →圏外
  • リレーアタック アルミ缶 →圏外
ごらんの通り全敗でした。それなのに、アナリティクスを見たらGoogleから50人くらい検索流入があります。??圏外なのに、どこから来たのか、さっぱり分かりません。

タイトルに入れたキーワードや、文中に散らしたキーワードで何通りか検索しても、オール圏外です。記事を、SNSにアップしたわけでもありません。存在すら知られていないページに、オーガニック流入があるのはなぜか?答えは画像結果ページで見つかりました。

トップ画像が3位に表示

この記事のトップ画像が、いちばん上の段に掲載されています。スマホでも、スクロールせず視界にはいる位置です。テキスト検索では順位がついていませんが、画像だと3位のアルゴリズムには驚きました。

3位掲載期間は2日間

わたしの画像が特別あつかいを受けたのは、2日間だけでした。現在はどこかへ消えています。でも予想以上の恩恵がありました。
最初の2日間で可愛くPVを集めたおかげで、圏外だったこの記事は38位まであがってきています。大きな花火ではありませんが、プチ作業の積みあげ効果はあなどれません。

画像にテキスト

ブログに画像を掲載するときに、よくalt属性を書きなさいと言われます。画像を理解できない検索エンジンに、教えてあげるためです。例をあげると、こんな感じで記入します。
< img src="画像のURL" alt=”リレーアタックが怖くてアルミ缶を使うドライバー” width=”500″ height=”450″ />
検索エンジンは画像は理解できないが追記した文字は読みこめると、SEO専門家のおおき先生がツイートされています。Googleに見つけてもらう手助けになるし、ほら、目だちますよね。


画像に文字をつけて視線をゲット

上の検索結果の画像ページを、もう一度みてください。テキストがあると目だつでしょ。だから、わたしが書いたへたくそコピーでも、集客できるんです。
全体の8割のひとが、スマホでネット巡回する時代です。小さなスマホの画面できわだつ画像に、ちくっと刺さるキャッチコピーをトッピングしてみましょう。それだけで、あなたも絶海の孤島から脱出です。



コメント