凱旋門賞が道悪ならワンダフルトゥナイトの3着内ありかもね

2021凱旋門賞

ワンダフルトゥナイトは、超わかりやすい4歳牝馬です。

デビューから9戦5勝、勝った5戦はすべて道悪。不良馬場のデビュー戦こそ3着でしたが、その後は重と不良馬場では全勝街道まっしぐらの、究極の道悪女子です。
・斤量58kg経験済
・ソフトグラウンドに滅法つよい
・良馬場だとスピード負けする
・距離も登坂能力もバッチリ
ワンダフルトゥナイトの父は、デゼルやオヌールの祖父にあたるルアーブルです。フランス時代のルメール騎手が主戦を務め、仏ダービーを勝ちました。道悪はイマイチでしたが、母系の爺にモンジューがいたりします。
凱旋門賞に王手をかけたエルコンドルパサーの夢を、打ち砕いたモンジューの孫娘です。ロンシャンの馬場が渋れば、日本馬の強敵になること間違いなしです。

2021年初戦はアスコット2400m重

G2 Hardwick Stakes優勝

走破タイム:2:35.58
上がり:36.90秒
前走の英チャンピオン・フィリーズメアターフ優勝以来、8ヶ月の休養明け。斤量は56キロと軽めながら、牡馬勢を一蹴して優勝。凱旋門賞出走を表明したキーファーズのブルームを、1馬身半離して快勝しました。
ワンダフルトゥナイトは、ゴール坂の残り400付近で抜け出します。このときのトップスピードは60.83km、ゴール前200区間は61.63km。同じ区間、2着のブルームの最高速度は59.86kmと61.18kmでした。
ブルームも追い上げましたが、重馬場の登坂スパートで出せるスピードの絶対値は、ワンダフルトゥナイトのほうが上!ロンシャンやドーヴィルの不良馬場でもピシっと決めた1着なので、悪路の安定感はバツグンです。

タルナワやラービアと直接対決済

凱旋門賞のプレップレースのひとつ、2020年9月G1ヴェルメイユ賞・ロンシャン2400良ですでにタルナワやラービアと走っています。
3歳のワンダフルトゥナイトとラービアは斤量56キロで、ひとつ年長のタルナワは58キロです。
タルナワは吉田沙保里を思わせる強さで別格ですが、ワンダフルトゥナイトは2着のラービアにもスピード負けしています。凱旋門賞が良馬場開催なら、ワンダフルトゥナイトはちょっと厳しい。

ワンダフルトゥナイトの次走は、7月24日のキングジョージが予定されています。ブルームと再戦になりそうですね



コメント

タイトルとURLをコピーしました