「アーモンドアイの香港カップ」思いっきり悩める相手選び

アーモンドアイ
悲報!
アーモンドアイは、発熱にともなう白血球数値の上昇のため、香港カップ出走を回避しました。熱は下がり大事をとって遠征を取りやめています。

12月8日、アーモンドアイが香港カップに出走します。

「速馬場の中距離に敵なし」敵になりそうな馬すら逃げてしまい、余裕で勝って当たりまえ状態です。
マジカルとベンバトル2強回避、マジックワンドや仏のまくりギャルが走るよ。のるかそるかのウィンブライトも調子は良さそう
なのですが、アーモンドアイの前売りオッズはダントツ1.3。JRAのオッズは、限りなく1に接近しそうです。
2倍以上を狙うなら、3着内を発掘しなければなりません。強い馬がヴァーズやマイルへ逃亡をはかったいま、悩める相手選びに役立つ情報をまとめてみました。

GI国際・香港カップ詳細

開催日時: 2019年12月8日 発走(JST)
競馬場: シャティン・右回り2000m
斤量: 4歳牡+57kg 牝55.25 3歳牡55.75 牝54.0 南半球産の3歳牡50.75 牝49.0
賞金: 約2億2000万円 2着:約8500万円
香港カップ・レコード: 2分0秒60 2015年 エイシンヒカリ(武豊)

見かけほど平じゃない沙田トラック

沙田2000メートルコースの高低差を測ってみました。

伝統的なペース配分

香港カップの歴代区間ラップを参照すると、※香港は2ハロン単位でラップ計測

0~400メートル> 400~800> 800~1200> 1200~1600> 1600~2000
前半800までは25秒~26秒とスロー。その後ペースを上げて行き、ゴール前400が最速のペース配分が一般的ナパターンでした。
例外は2015年のエイシンヒカリ、翌年のモーリスが勝ったレースです。最初のコーナーから下って平になった400メートル過ぎから、普段より2秒もペースを速めた23秒台で流れています。
これが祟って、モーリスの時はラスト2ハロンが24秒台とゆるいラップになってしまいました。
展開の速さが、2分そこそこの走破時計を生みました。しかし、スピードをあげすぎると、最終コーナーからの上り区間でブレーキがかかってしまいます。

現状は2区間からペースアップが普通

時は流れ、現在のG1馬のレースではエイシンヒカリやモーリス時のように、1角まわるともう最初のギアが入ります
下記の数字は、11月17日に、1:59.77で前哨戦を勝ったエグザルタントの区間時計です。
G2ジョッキークラブC・エグザルタントの区間ラップ
馬場状態:Good To Firm 良
26.17 23.96 24.12 22.69 22.83
前半ゆっくり行くと、2分切りは難しくなりますね。

後方にアーモンドアイがいたら、距離かせぎたいよね。タイムワープやマジックワンドが八巻締めて出ていきそう。

香港カップの出走馬

馬名 レーティング 斤量 備考
アーモンドアイ牝4 124 55.25kg レコード更新するか?
ウィンブライト牡5 120 57kg 沙田2000最速レコード
マジックワンド牝4愛 114 55.25kg 速馬場おまかせ女子
エディーサ牝3仏 107 54kg 直線末脚はアーモンドアイ風味
ライズハイ騸5香港 117 57kg ジョッキークラブC4着
タイムワープ騸6香港 117 57kg 逃げ馬ジョッキークラブC7着
グロリアスフォレバー騸5香港 116 57kg ジョッキークラブC9着
ダークドリーム騸5香港 115 57kg モレイラ鞍上ジョッキークラブC8着
イーグルウェイ騸7香港 112 57kg ヴァーズへ逃亡
フローレ騸5香港 112 57kg ボウマン鞍上ジョッキークラブC2着

アーモンドアイ

アイちゃんには、制覇とレコード更新の期待が寄せられています。レース記録とコース記録の両方を塗り替えて、香港競馬史にその名を深く刻むのか?

香港カップ・レース記録: 2分0秒60 エイシンヒカリ
沙田・コース記録: 1分58秒84 ウィンブライト
アーモンドアイは過去に2度2000メートルのレースを走りました。秋華賞(京都)の時計は1分58秒50、秋の天皇賞が1分56秒20です。
時計の計測方法が、香港と日本じゃ違うんだって。香港はゲートオープンが起点、日本は5メートル先から時計スタート。日本のタイムに1.25秒プラスして、香港モードで比べてください
アーモンドアイの時計を香港モードに変換すると、1分59秒75と1分57秒45です。
沙田のトラックの高速化が言われていますが、基本芝質はドバイと同じです。
ちょっと心配なとこもあるよ。ドバイの距離は1800メートルだったよね。走った直後のアイちゃんの脚ったら、酷くガクガクして歩き方がおかしかったもん

府中と違って、グラウンドの強い跳ね返しがないぶん力を使ったのでしょう。

あれから半年、4歳秋の絶頂期を迎えたアーモンドアイは、香港民が見たこともない時計で帰ってきてくれるしょうか?

弾けるか?ウィンブライト

ウインブライトは、取扱いに悩む一頭です

今年4月のクイーンエリザベス2世カップを、1:58.81の時計でキメて勝ちました。このときの斤量は、今回と同じ57キロです。
沙田の観客がどよめく時計勝利を土産に凱旋帰国した初戦、オールカマーは9着。続く天皇賞ではお腹周りがメタボ気味で、8着とふるいませんでした。
しかし、ラストランの香港ヴァーズを優勝で飾ったステイゴールドの息子です。沙田にたてば血が騒ぎ、またやってくれるかもしれません。
買えば地獄、買わねば後悔。のるかそるかのウィンブライトの調子は上々、と報道されています。パドックを見てから判断しようと思います。

マジックワンド

オブライエン調教師が世界のファストトラックに送りこむ、切り込み隊長です。
この秋に豪州のフレミントン競馬場で開催されたG1国際・マッキノンステークスでは、2000メートルを2:01.82で走破して優勝しました。
今年の初戦アーリントン・ミリオンの2000メートルでは、2分を切る時計を出しています。優勝はブリックスアンドモルタルにさらわれましたが、前めに位置どるマジックワンドは、2000mならへたばりません。
アーモンドアイの2着3着に来ても、違和感はない感じ。小回りのコックスプレートでリスグラシューの後ろでは、アイちゃんより前は難しそうです。
香港カップで今年12戦目・・英・米・ドバイ・豪・香港と世界を歴戦

  • 10/26 G1コックスプレート(2000m)リスグラシューの4着
  • 11/5  G1メルボルンカップ (3200m)10着
  • 11/9  G1マッキノンS    (2000m)1着 2:01.82

イマイチ元気がない香港勢

>>香港カップの前哨戦にジモティ集結<<

JOCKY ClUB CUPの斤量
58kg 1着エグザルタントとビリのグロリアスフォレバー
56kg その他の馬
4歳+の牡・セン馬は58キロ負担ですが、過去1年間にG1勝利がない馬はマイナス2キロの恵量です。本番の香港カップでは、1キロ増量の57キロを背負います。
香港カップに登録の地元勢は5頭。一頭選ばないと死刑って言われたら、ボウマン騎手が乗るフローレでしょうか。
成績は安定しない馬ですが、同コース・同距離のジョッキークラブカップでは、2着でした。
レースをひっぱったタイムワープは、直線でへたれる。モレイラ先生がのっても、ダークドリームはギアが入らず直線バカンス。つかモレイラ追ってないし・・
昨年の香港カップの覇者、グロリアスフォレバーはどうでしょうか。2着で4コーナー通過後するする後退。とどめに横の馬とぶつかってブービー。
ただこの馬は、去年のジョッキークラブCでも6着でした。手抜きか素か?下がりはじめは、騎手がムチいれてますね。
ライズハイは4着入線。しかしヴァーズ連覇を選んだ勝ち馬から、4馬身離されています。
ジモティの気合のなさは、本番前の死んだふりなのでしょうか?それともイマイチ軍団なのでしょうか?駄目じゃんと勘ぐりのあいだで、判断が揺れます

香港馬を見抜く方法

素か作戦か?
疑問.1 「はっ?香港リーディング首位のモレイラ先生の馬たる者があのざま?」死んだふりかもしれない・・と疑問をもったとします。下リンクのHKJK公式ページへとんでDark Dreamをクリック!!すると、馬のすべてが赤裸々に。
死んだふりじゃないじゃん・・・。春は2分きって走れたけど、調子よくないみたい。
ダークドリームはモレイラ騎手に別れを告げられ、本番はダミアン・レーン君が鞍上を務めることに。ヴァーズかカップのどちらに出走するか、態度を決めていません。
https://racing.hkjc.com/racing/information/English/Racing/DisplaySectionalTime.aspx?RaceDate=17/11/2019&RaceNo=7

エディーサ

アーモンドアイの妹分も走ります
紅3点の3頭め、アガカーン殿下の愛でし子エディーサです。
グリーンの勝負服を乗せ、白いシャドーロールが目印です。彼女の武器は、アーモンドアイ風味の末脚。

昨秋デビューの3歳牝馬でレーティングは低いのですが、今年はG2・G3を含む7戦こなし、連対率は85%。

>>ベルモントオークスを制した末脚<<

Edisa – 2019 – The Jockey Club Oaks Invitational Stakes

2019年7月 ベルモントパーク2200メートル 走破時計2:17.02。

主戦のスミヨン騎手は、斤量が軽いと乗れません。54キロの今回も残念ながら別ジョッキーが鞍上に。
ベルモントの同距離を走るG1古馬戦、マンノウォーの勝ち時計が2分12~17台なので、エディーサの時計は速くありません。ちょっと複勝は難しい感じですが

  • 直線の末脚はいいねいいね~
  • へたくそコーナリングが可愛い
  • 芝で無双したキトゥンズジョイの娘
  • ロンシャンの道悪も追いこめる
  • 前めの競馬もOK
  • 2400メートルも2着で経験済
  • スミヨン乗れない
ちっこ可愛いく勇ましい女の子です。頑張れ。
アーモンドアイが直線でスパートし、遅れてエディーサもすど~んのワンチャンは捨てていません。ただ、フランスじゃ経験したことのない速いペースについて行けるか心配です。
理想はアーモンドアイ、マジックワンド、エディーサの牝馬1.2.3フィニッシュ。現実的にはエディーサの代わりに、フローレ君に気持ちが動いています

※注意 管理人の2019年の回収率は30%を切っています(泣

香港カップ有利なゲートは

公式サイトで見つけた過去20年ぶんのデータです。
最も多く勝利をもたらしたゲートは何番なのか、自分の目でお確かめあれ。




コメント

タイトルとURLをコピーしました