「タガノパッション」末脚最速・タフで道悪もこなせる新女王候補

スーパー牝馬

タガノパッションのデビューは3月20日でした。その2ヶ月後、オークスで4着。

・出遅れたデビュー戦は、13頭ごぼう抜いて3着
・2戦目は、阪神の重馬場を激走して1着
・スイートピーSをレコード勝ちでオークス出走権をゲット
・栗東から東京まで2往復
長距離輸送を伴う連戦でも体重は増え、ゲートを嫌がるそぶりも見せませんでした。「ケロっとしてた」「まだ走りたがってた」、陣営コメントに期待はふくらみます。
秋華賞でソダシやサトノレイナス倒すかもよ
先が楽しみな、タガノパッションについてまとめてみました。この子どんな子?まずは気性から!

タガノパッションの気性

母方の気性難は心配?

タガノパッションの血統表

Jbis血統表 父:キングカメハメハ 母:アドマイヤシルク

母のアドマイヤシルクは、未勝利で現役生活を終えました。母系をさかのぼると、気性がヤバい名馬が並んでいます。
日本競馬の礎サンデーサイレンスは、引退後社台スタリオンのボスになりました。ほかの馬が寄りつかなかったほど、激しい気質の馬でした。
タガノパッションの曾祖母は、全兄サッカーボーイを女にしたようなゴールデンサッシュです。容赦なく噛みつくこの牝馬は、レース前に気くわない馬にケンカを売り、追いかけ回して噛みに行ったディクタスの娘です。
日本を代表する暴れ馬一家、ステイゴールド一族はこのラインから生まれました。危険な遺伝子が並びますが、タガノパッションは大丈夫でしょうか?
心配ない、タガノパッションは落ち着いた気性の、とっても良い子みたい

鮫島厩舎や岩田ジョッキーのコメント

  • 乗りやすくレスポンスがいい
  • レースを重ねても、イライラしないしカッカもしない
  • コースでも並走でも落ち着いて堂々としてる
  • まわりの馬を気にせず前へ前へ進む
ひたむきにゴールを目指す馬ながら、指示があるまでおとなしく走れます。後方でじっとしているかと思えば、スピードアップを命じられると直ぐに反応が返ってきます。

デビュー戦は強烈な末脚

阪神1800m3歳未勝利


出遅れて直線コーナーまで最後方でした。上がり最速は勝ったアンフィニドールではなく、33.0秒で走ったタガノパッションです。4コーナーから13頭抜いたゴールでした。
阪神の直線は残り200から100メートル間が3メートルの上り勾配です。まるで坂などないような走りっぷりで、心肺機能と脚力の強さが見てとれます。同日の古馬マイル戦のあがりより速い、芝の全レースで最速でした。

道悪を激走勝利

阪神2000m重馬場で勝ち上がり

ゲート遅れて、1コーナーの位置は11番目。ここからモーレツに追いあげ直線入口で先頭に、ゴール前迫ったコーラスケイトを振り切って1着。

大阪杯と同じコースの重馬場だよ。動画をオーバーラップさせると、デビューからわずか2戦目のタガノパッションは、コントレイルとグランアレグリアに半馬身遅れた5着入線だよ
大阪杯の前半ペースは59.8秒、このレースは61.0秒です。
タガノパッションは1~4コーナー間を猛追し、コントレイルは3・4コーナー間で順位を上げて行きました。その結果

コントレイル 2:02.5 3から4コーナー追い上げ直線で止まる。上がり37.4秒
タガノパッション2:02.6 出遅れてゲートから3コーナーまでの猛追で9頭抜く。上がり36.8秒
クラシック三冠馬は、疲労を理由に3ヶ月先の宝塚記念を回避することになります。
いっぽうタガノパッションは、中1で出走したスイートピーSをレースレコードで勝ち、オークスの切符を手にしました。もちろんオークスも走って4着です。タフ!

スイートピーSを圧勝

初輸送も馬体重プラス6kg


中イチで初の長距離輸送で臨んだスイートピーSは、レースレコードで快勝でした。
前半1000メートル通過は58.3秒、速い展開でも上がりは最速で34.3秒。初めての左回りも軽くクリアしました。

迷い詰まってオークス4着

最後方からあがり最速


2ヶ月で4走目のオークスは、もっとも後方で追走。16番手で直線むくと、12頭抜いた上がり最速34.2秒で4着。
残り400付近で進路にまよい、詰まりながらのスパートで叩いた立派な時計です。
ジョッキーの指示をまもる。エンジンのかかりが早く末脚のキレは十分。トビが大きくても、道悪をスイスイ進む。後肢のキック力がハンパない。死角ないよね!

秋華賞

樫の女王に輝いたユーバーレーベンは、北海道へ放牧に出ました。屈腱周囲炎の完治をまってターフに戻ってきます。
ユーバーレーベンの末脚も素晴らしいですが、彼女には周囲の馬を怖がる弱点があります。タガノパッションにはそれがないぶん、コースを選ばなくてすみますね。
距離が短くなれば、ソダシも強さを取り戻すでしょう。そして末脚が怖いサトノレイナスも秋華賞を目標にしています。
みんな強い馬ですが、タフで底知れない可能性を秘めたタガノパッションは、女王になれる素質馬だと思います。



コメント

タイトルとURLをコピーしました