アーモンドアイが凱旋門賞を走らない理由を詳しく解説ーPart2大人の事情ー

アーモンドアイ

アーモンドアイが大人の事情で出走できない

一年前の春、同じようなことがありました。フレッシュで優駿な実力のある馬を競わせて、日本一の3歳馬を決める日本ダービーのときです。
アーモンドアイは当時3歳。15頭の馬をごぼう抜きで勝った桜花賞の走りっぷりは、衝撃でした。女の子だけで走るオークスではなく、ガチの実力を競う日本ダービーこそが彼女の舞台に見えました。
国枝調教師は、アーモンドアイの日本ダービー出走を熱望しました。背後には、同意してうなづくサイレントマジョリティの姿もありました。
けれども、日本ダービーのトラックに彼女の姿はありませんでした。馬主のクラブが選んのはブラストワンピース。成績は5位でした。
アーモンドアイが選ばれなかった理由はたったひとつ、彼女が女だからです。

本章では、アークを断念させた大人の事情に迫ります。適性問題について知りたいあなたは、まずこちらへどうぞ。

アーモンドアイが凱旋門賞を走らない理由を詳しく解説ーPart1適正問題ー
まさかの出走しない宣言とは! アーモンドアイの適正の問題と、競馬界の大人の事情が、断念の理由と言われています。世界中のアーモンドアイファンを落胆させた、凱旋門賞見送りの真相を細かくまとめてみました。 凱旋門賞を走らない3つの理由...

アーモンドアイの不運




牝馬に生まれてしまった悲劇

牝馬の冷遇は、競走馬の世界が男尊女卑思想にとらわれているから、ではありません。もっとドライなメイキングマネーの問題です。生涯スパンでみれば、男馬のほうが遥かに稼ぐんですよね。

ディープインパクトは引退後がドル箱

たとえば、現役時代に一世を風靡したディープインパクト。現役引退後は、牧場でのんびり草をはむどころか、種付け仕事に大忙しです。
一回の交配料は、現在4000万円まで高騰しています。昨年だけでも、80億円に届きそうな売上です。彼の血を引く馬は、日本でもヨーロッパでも成績が良く、評判がいいのです。

人間でいうと、ディープも50代です。引く手あまたのエッチ三昧生活で腰と首すじを痛め、つい最近種付けの休止が発表されました。

リタイア後の牝馬の稼ぎ

繁殖馬ウオッカの売上

アーモンドアイが断念させられた日本ダービーに出走して、優勝した牝馬は3頭います。80回開催されて、たった3頭です。いちばん最近のダービー馬は、ウォッカです。26戦10勝で引退しましたが、ジャパンカップも制した速くて人気のある馬でした。
繁殖馬になった彼女は、6頭の仔を残しました。売却価格は公表されていませんが、海外でセリに出された5頭目の仔馬は4300万円でも買い手がつきませんでした。種馬が歴史に残る名馬、フランケルでもです。
年間70億80億になるディープインパクトの稼ぎと比較すると、寂しい数字です。引退後の牝馬は、出産という大イベントで血統を伝えても、売上は良くて数億円という厳しい現実があります。
生涯の稼ぎは男か女かで格段の差がありますが、牡馬がみんな稼げるほど世の中は甘くありません。結果を残せなかった馬に種付けの未来はなく、食用に回されることもあります。
サートゥルナーリアの馬刺しが食べれるとは。待ちどおしいかも♪

アーモンドアイはクラブ馬

衰退する日本経済は、馬主の財布の札束も減らしてしまいました。一頭まるごと養えるオーナー数はへり、クラブ所属の馬数は右上がりです。アーモンドアイのオーナーもクラブです。一口馬主で小口の出資をつのる、シルクレーシングクラブに所属しています。

ひと口馬主募集動画

フサイチパンドラの2015と紹介されたこの1歳牝馬が、世界的なスーパーホースになると誰が想像できたでしょうか。予想して出資したひとは、恐らく皆無でしょう。ハンカチを噛んで悔しがるひとは、たくさん見ますけどね。

出資された6万円は、3年間の分配金は223万8千円です。回収率は脅威の3731%と現役馬ではトップ、歴代でも7位です。500口募集は、20あるクラブの中でも小口です。
大口になれば出資額も高額になり、経済力が必要です。シルクレーシングは大手ではなく、社台系でも小さい方のクラブです。

アーモンドアイ 金額や口数
募集価格 3000万円
一口 6万円
募集口数 500
分配金 223.8万円
※2019/4月現在

凱旋門賞の遠征費用は自腹

ドバイ遠征と違って、凱旋門賞は国際招待レースではありません。アーク出走以下、遠征と滞在費、ステップレースにかかるすべての経費が自腹です。費用は小口の馬主さんたちが、均等に負担します。
遠征に難ありのアーモンドアイです。万全を期すため、仮に高めの1億円と見積もっても、ひと口あたりの支出は20万円です。すでに10倍以上の賞金を手にしてホクホクの馬主さんでも、手持ちのほかの馬と合算すれば、20万円は安くないかもしれません。
投資の旨味は少ないので、ひと口馬主の皆さんは、お金より馬が大好きな人が多いです。20万円を惜しむというよりは、馬の将来を心配して遠征を渋る心境なのでしょうね。

ノーザンファーム生産馬の使い分け

アーモンドアイが生まれたのは、ノーザンファームという生産牧場です。密な取引相手の生産牧場が経営破綻し経営に苦しんだ時代、シルクレーシングはノーザンの傘下にはいりました。そこから経営を立て直した経緯があります。
ひとり勝ち状態のノーザンファームには、強い馬がゴロゴロしています。それぞれの馬たちに、舞台を用意してやらなければなりません。
アーモンドアイがなんでもかんでも勝ってしまえば、生産ビジネスにはマイナスです。出走を熱望しても、ファームの代表の意向が異なれば、我慢しなくてはならない現実があります。

怪物だね~種牡馬にしたいくらいだ

ノーザンの代表が、桜花賞を制したアーモンドアイに感心して発したジョークです。つか、本音そのもので笑えません。

(代表がイチオシの)サートゥルナーリアは史上最強の馬になる

ディープインパクトにも年齢の波がおしよせています。種馬稼ぎ頭2番手のキングカメハメハも、18歳になりました。2頭のあとに続くドル箱の種牡馬をどんどん作っていかないと、ビジネスの勢いは保てません。
首領様の寵愛を受けるサートゥルには、本当にがんばって欲しいものです。ダービーもアークも全力で戦って、末は立派な馬刺しになってほしい(笑 馬に罪はないけれど、じゃけんにされるアイちゃんを思うと悔しいんだもん。

サートゥルナーリア日本ダービー

5月27日開催の日本ダービーは、ファンファーレが響くまで、サートゥルナーリアの主演舞台でした。
圧倒的な人気で最終オッズは1.6。テンパってしまったサートゥルは出遅れ、3着入線もありませんでした。番狂わせでダービー馬の誉を手にしたロジャーバローズは、くしくも同じ角居厩舎です。
サートゥルに大口投票した向きは、阿鼻叫喚。見ていて、こころが痛みました。彼はディープインパクトでもオルフェーヴルでもなかった・・・凱旋門賞チャレンジは、白紙になりました。
皐月賞で勝利をあらそったヴェロックス川田騎手のTweetです

サートゥルナーリアは、類まれな資質をもって生まれてきました。彼が光かがやき、英雄になる距離があると思います。引退後のことばっか考えて、猫も杓子も凱旋門を目標にさせるのはちがうよね。

関係各位さんはサートゥルを見捨てないで、ちゃんと英雄にしてくださいね。お願いします。




不憫だから応援したいアーモンドアイ

強いし可愛い

申し分のない実力と、ちょっと異国へ飛ばしたらゲソってしまう頼りなさ。鞭がいらない賢さと、いつでも全力疾走してしまう健気さ。アーモンドアイは本当に最高です。
総合的な適性と大人の事情で凱旋門賞を走らないのは悲しいですが、うきうきするような朗報も流れています。

次走は安田記念が候補

国枝調教師がインタビューで、安田記念出走を候補にあげました。東京の1600メートルなら、文句はないでしょう。出走が有力視されているダノンプレミアムは、社台じゃないのでアーモンドアイを邪魔する勢力もありません。
そして、現在世界ランキング首位のマイラー、香港のビューティジェネレーションが来てくれそうなのです。ドバイターフは蹴ったオーナーが、安田記念遠征に乗り気というニュースが流れていました。

アーモンドアイと対決するビューティージェネレーションってどんな馬?
世界のスーパーホース、BeautyGenerationとAlmondEyeの対決が実現すれば、2019年の安田記念は世紀のイベントになりそうです。 ビューティージェネレーションのプロフィール 血統 香港で連勝を続けているビュー...
アーモンドアイと最速マイラーのBeauty Generation、そして安定の強さのダノンプレミアムの三つ巴なんて、夢のようなカードです。今月末の香港チャンピオンカップが終わったら、BG陣営も態度を表明してくれることでしょう。ぜったい実現して欲しいですよね。




https://annex.931women.com/why-silkracing-ruled-almondeye-out-of-arc-challenge-part1-aptitudes/

コメント