「日本馬の道悪適性リスト」は行の名前の馬

道悪適性リストー日本芝馬
・は行の芝馬リストです
・◎ブレイキングドーン ボンオムトゥック 


ハで始まる馬

ハイプリーステス ?未経験

2018生・牝(ネオユニヴァース)重馬場未経験。新馬戦が函館1200m稍重で1:11.0上がり35.6で7着。

ハギノアップロード ◯

2016生・牡(ブラックタイド)。重馬場は2020年3月熱田特別・中京2000m重でザプリオレスの3着。タイムは2:04.9 上がり35.0。

ハギノエスペラント ?未経験 恐らく☓

2017生・牡(キズナ)。重馬場は未経験。稍重は4走あるも着順は9.7.7.3着。良馬場にくらべ明らかにパフォーマンスが低下する。

ハクアイブラック ◯

2017生・牡(カレンブラックヒル)。芝とダートに出走。芝の重馬場は2走。2着と18着。京都1200m重開催の2歳未勝利戦では先頭で牽引し2着に残りましたが、2020年10月ルミエールオタムダッシュ・1000m重では0:59.2 上がり36.8勝ち馬に4秒近く遅れた最下位に。重馬場は走れるが強い相手ではスピード負けの様相。

ハッピーオーサム ?未経験

2018生・牝(ディープインパクト)重馬場経験なし。阪神1600m稍重は、1:36.1上がり34.6秒で走破。

ハッピーグリン ◯△

2018生・牝(ディープインパクト)重馬場は札幌コスモス賞と函館の巴賞の2出走いずれも3着。2018年7月巴賞・函館1800m重1:49.9タイム差なし上がり34.8秒で3着。悪路はそこそこ走る。

ハナビマンカイ △

2017生・セ(ディープインパクト) 3歳上1勝クラス・新潟2200m不良でエレヴァテッツアの7着。走破時計は2:18.6上がり35.6秒

ハートオブアシティ ◯

2018生・牡(ハーツクライ)。重馬場出走は1回。ソフト馬場をしっかりこなす走行フォームで◎をつけたいが、未勝利戦の重馬場勝利はやや信頼がとぼしいので様子見の意味で◯に。2020年10月2歳未勝利・京都1800m重1:49.6上がり35.8秒で1着。2着のサトノスカイターフに3馬身差をつけた。

ハーメティキスト △☓

2016生・牡(ロードカナロア)。2019年7月3歳1勝クラスで重馬場出走。1:37.0上がり35.8秒でリリーバレロの7着、10馬身離される。走れなくはないが遅い。

ハーモニーマゼラン ?未経験

2017生・牡(ダイワメジャー)。重馬場は未経験。稍重は4走で新潟3着、東京7着、中山2020年9月木更津特別・中山1600m稍重は1:35.7上がり35.0秒で1着。もともと中山のパフォーマンスが良く中山の稍重は信頼できる。走り方を見るかぎり重以上は未知数。

ヒで始まる馬

ヒガシヴァルキリー ◯

2017生・牝(ノヴェリス)。重馬場出走は2回。2020年7月3歳未勝利・福島1200m重1:09.1上がり35.4秒で1着。秋の十日町特別・新潟1400m重は14着に沈む

ヒシイグアス ☓

2016生・牡(ハーツクライ)不良馬場で行われた2019年6月ラジオNIKKEI賞・福島1800m不良はブレイキングドーンの9着。タイム1:51.0上がり36.7で勝ち馬に7馬身差。前目めで残った2着マイネルサーパスと直線最速のゴータイミングも記憶しておきたい。ヒシイグアスは明らかに良馬場向き。

ヒシエレガンス ?未経験

2017生・牡(ハービンジャー)重馬場は経験なし。稍重は3走。札幌2走はいずれも1着。中山2200m1勝クラスは6着。長い脚は使えてもスピードとキレがない。札幌長めの距離で稍重程度がチャンスありそう。

ヒシゲッコウ ?未経験

2016生・牡(ルーラーシップ)。重馬場は経験なし。3歳1勝クラスで函館2000m稍重出走。上がり最速34.3、2:02.7で力強く1着。重もこなせそうだが走ってみないと判断できない。クラスがあがり苦戦中。

ヒシタイザン ◯

2017生・牡(トーセンホマレボシ)。2歳未勝利・中京1600m重で1着。1:35.6上がり35.4でもたれる場面はあるもソフトもこなせそうな脚。ダートの3歳1勝クラス2020年5月わらび賞・新潟ダート1800m稍重2着。重馬場は問題なさげ。

ヒバリ ☓

2017生・牝(エピファネイア)。重馬場4走し5・8・11・14着の成績。

ヒュッゲ ?未経験

2017生・牡(ハーツクライ)。重馬場経験なし。稍重は2020年1月京成杯・中山2000m稍重クリスタルブラックの10着。2番手で追走し直線入口でしぼみ坂で止まる。ソフト馬場は怪しそう。

ヒュミドール ?未経験

4歳夏にダートから芝へ転向。芝の重馬場は経験なし。※特記 芝の良、軽い馬場でも走る2020年11月ノベンバーS・東京1800m良1:46.7上がり33.4秒で1着。

ヒューマンコメディー ◯

2017生・牝(ハーツクライ)。2020年3月3歳未勝利・中山2000m重で1着。2:05.1 上がり35.9は最速。タイムは遅めだが登坂でへたばらず走り抜いた。前半64.1の遅いペースで未勝利戦のため信頼度は低いがソフトはこなせる。

ヒートオンビート ?未経験

2017生・牡(キングカメハメハ)。重馬場経験なし。稍重は2走で1.2着2020年6月甲武特別・阪神2400稍重では直線で後続を5馬身突き放し勝利。上がり36.2秒、2:27.5で走破。2.3勝クラスでは馬場をとわず上位入線。

ヒンドゥタイムズ ◯

2016生・牡(ハービンジャー)。重馬場経験は2度あり、2019年7月タイランドカップ・中京2000mで2:03.2上がり34.9で1着。2020年7月七夕賞・G3福島2000m重ではゲート出遅れが原因で4着。重賞でも悪路は注目。なお馬場を問わず成績は良い。

ヒートオンビート ?未経験

2017生・牡(キングカメハメハ)。重馬場経験なし。稍重は2走で1.2着。2020年7月兵庫特別・阪神2400m稍重は2:27.5上がり36.2で勝ち馬から9馬身差。3勝クラスで稍重までは不安なし。

ヒーリングマインド ?未経験おそらく◯

2016生・牡(タニノギムレット)重馬場出走なし。稍重の2019年3月アザレア賞・阪神2400mは2:27.2上がり35.1秒で1着。フォームから重馬場もこなせそう。2019年秋以降ケガで休養中。

コメント

タイトルとURLをコピーしました