「アーモンドアイ」ドバイ・シーマクラシックとターフのオッズ情報

アーモンドアイ
速報

  • アーモンドアイの次にオッズが低かったベンバトルがドバイターフ回避発表
  • アーモンドアイのオッズは発表直後1.25を記録し、現在は2.25に落ち着く
  • 2位以下のオッズは、Dream Castle8.0 Loxley9.0、ディアドラとヴィプロスは15.0で横並び
  • 世界最速マイラーBeautyGenerationはドバイターフ2月13日の一次追加登録申請なし。3/11が2次締切り3/24が最終エントリーのデッドラインですが、いまのところ望みは薄いです
※ターフのオッズはこちらのほうが新しいです

「アーモンドアイとターフで対決」オッズ2位のDream Castleは脅威?
年初からドバイターフと同じメイダンの1800mのコースで、勝利を重ねる絶好調の馬がいます。アーモンドアイの次にブックメーカのオッズが低い、Dream Castleです。

海外の競馬ファンのアーモンドアイ評価

アーモンドアイのジャパンカップ勝ち時計は、世界を驚愕させました。可愛い無名の馬が、一夜にしてワールドクラスの女傑に列せられた瞬間です。
その後、豪州のメディアracing.comがツイッターで、「世界最強3牝馬を、2000mトラックで競走させたらどの馬が勝つ?」と投票を募りました。
地元オーストラリアのウィンクスは、現在世界ランキング首位の馬です。エネイブルはご存知、凱旋門賞3連覇を狙うスーパーヒロインです。
5000ものリツートを巻きこんで、一位に輝いたのはなんと!アーモンドアイでした。ほぼ日本人不在の投票で、この評価は驚きです。


そんなアーモンドアイの次走はドバイワールドカップです。ダブル登録から、ドバイターフ決定の公式アナウンスをうけ、変更されたブックメーカーのオッズも紹介します。

ブックメーカーのアーモンドアイ評価

青い表は2019年1月21日現在のオッズで、アーモンドアイはシーマクラシックとターフをダブルで登録していました。ターフ出走発表後に変更されたオッズは、ピンクの表にまとめています。

2019ドバイシーマクラシック

アーモンドアイ 3.50
マジカル 6.0
シュバルグラン 8.0
スワーヴリチャード 8.0
レイデオロ 4.50
マジカル 6.0
エグゼルタント 7.0
シュバルグラン 8.0
スワーヴリチャード 8.0
レイデオロが4.5と一番高く評価されています。マジカルという馬は何者でしょう?
彼女はアイルランドの牝馬で、昨年の凱旋門賞では着番10位でした。その翌月に行われた英国G1牝馬戦で、みごとに優勝しています。動画で確認する限り、驚異はあまり感じません。レイデオロの勝算は十分ありそうです。
※William Hill社提供オッズ ベット締切2019.03.26

2019ドバイターフ

アーモンドアイのターフ出走が発表されると、まず昨年のターフ覇者、ベンバトル応援勢がしょんぼり肩を落としました。

アーモンドアイのターフ出走発表前のオッズ

Beauty Generation 3.5
アーモンドアイ 3.5
ベンバトル 4.0
Loxley 11.0
モズカッチャン 17.0
アーモンドアイと同率オッズの馬がいます。気になる Beauty Generationはニュージーランドのせん馬です。世界最速のマイラーと呼ばれており、2018年の世界ランキング4位です。ちなみに、アーモンドアイは11位でした。
Beauty Generationは、2017年と2018年連続で香港マイルを制しました。文句なく速いです。アーモンドアイよりオッズを低く設定しているブックメーカーもあります。
昨年12月の香港マイルの勝ち時計は1:33.52、その少し前のジョッキークラブマイルでは、1:32.64のラップで圧勝。アーモンドアイの桜花賞1600mのラップは1:33.1 でした。互角の戦いになりそうです。
Beauty Generationはドバイ遠征を行うかどうか、まだ態度を決めていません。1月の予備登録はパスしています。エントリーの締切はまだ先です。アーモンドアイとの競走が実現すれば、夢のカードになること間違いなし。
オッズ3位のベンバトルは、昨年のドバイターフを制した馬です。この馬は昨秋の豪コックスプレートで、ウィンクスに1馬身差で負けましたが、強い馬です。ついでに言えば、昨秋エネイブルにも負けてました(笑

ターフ出走発表後のオッズ

アーモンドアイ 3.0
ベンバトル 4.0
Loxley 11.0
ディアドラ 11.0
モズカッチャン 17.0
あらま、Beauty Generationが消えてしまいました。最強マイラーは、1月の予備登録はしませんでした。「ドバイで無理はさせずに、安田記念に出すかも」とオーナーが発言したとのニュースも流れ残念です。
しかし、まだ希望はあります。ドバイ出走の追加登録のチャンスは、3月24日の最終締切まで3回も残っています。ウィンクスの、眼鏡をかけたポッチャリおばちゃま馬主と違って、Beauty Generationの馬主は話のわかりそうな男性です。
シーマクラシックに出るものと予想されていたアーモンドアイが1800mのターフに決定なら、戦わせたいと気分を変えてくれるかもしれません。Beauty Generationとアーモンドアイのカード実現を祈りましょう。
※William Hill社提供オッズ ベット締切は2019.3.24

「アーモンドアイとターフで対決」オッズ2位のDream Castleは脅威?
年初からドバイターフと同じメイダンの1800mのコースで、勝利を重ねる絶好調の馬がいます。アーモンドアイの次にブックメーカのオッズが低い、Dream Castleです。
「ドバイワールドカップ2019情報」アーモンドアイを応援に行こう
アーモンドアイの世界デビューは、絢爛豪華な社交場ドバイミーティングが舞台です。華やかなドレスをまとった女性たちと仕立てのよいスーツ姿の紳士が行き交う、日本では味わえない雰囲気です。アーモンドアイやルヴァンスレーヴを、メイダン競馬場のスタンドで応援したいあなたに、参考になるような情報をまとめてみました。

アーモンドアイの凱旋門賞のオッズ

ついでに、2019年秋の凱旋門賞のアーモンドアイのオッズは、現在3位の9.0です。トップはエネイブルで5.0、昨年彼女に競り負けたシーオブグラスが2位の6.0です。もう少し距離がながければ、エネイブルは追い抜かれたと思えるレースでした。アーモンドアイがドバイターフで勝つと、オッズは9.0から低くなりそうですね。




コメント