スーパー牝馬

スーパー牝馬

「メロディーレーン」常識をひっくり返す小さな可愛い怪物牝馬

こんなにミニサイズで競走馬?信じられないほど小さいメロディーレーンは、常識をひっくり返す牝馬です。短い脚を大きく伸ばして最速レコードを叩き出し、牡馬をゴボウで抜いていく勢いは止まりません。菊花賞で暴れた次は、有馬記念で走らせたいとの報道も。観てるだけで元気が湧いてくるメロディーレーンの紹介です。
2021.09.04
スーパー牝馬

「エネイブルの血統」ヨーロッパの頂点を目ざす近親配合の最高傑作

「私が調教した牝馬の中でベスト」ロイヤルヒロインやタグルーダやなど歴史的名牝を育てたゴスデン調教師は、そう言い切ります。 2459ものレースに調教馬を送りこみ、勝率25%に接近する名トレイナーが絶大な信頼をおくエネイブルは、欧州の最重...
2021.07.01
スーパー牝馬

「タガノパッション」末脚最速・タフで道悪もこなせる新女王候補

衝撃的な上がり馬、タガノパッションは秋華賞で勝つかもしれません。末脚は毎回最速、タフで道悪もこなし走ることが大好き。前進気鋭のかたまりでも、ジョッキーの指示にどおりに動きます。ヤバい!探しても欠点が見あたりません・・
2021.06.22
スーパー牝馬

レイパパレは本当に強い?スピードや距離適性、コーナリングを検証

レイパパレは、宝塚記念へ舵を切りました。 陣営は、マイル~折りあえば2000メートルまでの馬という認識をひるがえし、マイルのG1ではなく、国内トップホースが集結する宝塚記念に参戦します。 レイパパレは、どれくらい強いのか?グラン...
2021.06.10
デアリングタクト

デアリングタクト引退?諦めるのは早い。繋靭帯炎を克服した3頭の馬

多くの名馬を引退に追いこんだ、繋靭帯炎を発症したデアリングタクト。復帰後、ふたたびG1を勝ち、今なお現役を続ける元気な馬もいます。沈んだ気持ちで続報を待つより、華麗にカムバックした馬たちを思い出して、こころに灯をともしましょう。
2021.06.02
デアリングタクト

デアリングタクトの強さの秘密を徹底解剖

ポストアーモンドアイの筆頭候補、デアリングタクトなら世界女王の座も狙えるかも?この馬の足の回転数は並じゃない。日高の小さな牧場が生んだ、強く逞しく凛々しいスーパー牝馬の強さの秘密を探りました。
2021.04.17
スーパー牝馬

デアリングタクトとコントレイルはどっちが強い?

無敗の三冠馬対決はコントレイルが勝つという声が圧倒的です。そんな馬鹿な!デアリングタクトだって瞬発力や上がりのスピード、闘争心は負けてません。比べてみるとコントレイルには落とし穴がいっぱい。デアリングタクトが先着する理由を考察しました。
2020.11.30
2020凱旋門賞

エネイブルは6歳でも最強か?~2020キングジョージ区間ラップで検証~

馬体重を削げずハイペースに負けた初戦から、キングジョージは圧巻のパフォーマンスで勝利。蘇った女王の走りを区間ラップで検証します
2020.09.26
スーパー牝馬

「エネイブル引退撤回」なぜ女王は凱旋門賞で破れたのか?

雨の重馬場に次々と潰れていく馬たちを横目に、「なぜ勝ち馬だけが、ラスト3ハロンを12秒台で走れたのか」女王エネイブルの敗因と、立ちふさがったヴァルトガイストの走りは素か作戦か?調教師の分析・ジョッキーの回想・区間ラップで明らかにしてみました。
2020.09.09
スーパー牝馬

「2020エクリプス・ステークス」エネイブルがガイヤースに先着できない理由

現役最後のシーズンを始めるエネイブルの初戦に、やっかいな馬が参戦します。ハイペースで安定したラップを刻む、ゴドルフィンのガイヤースです。この馬をねじ伏せるのは超困難。エネイブル大ピンチです。そして、ディアドラ姐さんは3着で入線できるのか?区間ラップで詳しく分析します。
2020.07.28
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました