「エネイブルの血統」ヨーロッパの頂点を目ざす近親配合の最高傑作

スーパー牝馬

「私が調教した牝馬の中でベスト」ロイヤルヒロインやタグルーダやなど歴史的名牝を育てたゴスデン調教師は、そう言い切ります。

2459ものレースに調教馬を送りこみ、勝率25%に接近する名トレイナーが絶大な信頼をおくエネイブルは、欧州の最重要レースを勝つための近親配合が生んだスーパー牝馬です。
エネイブルの血脈と、優秀な遺伝子の創造物である彼女の特質をチェックしてみましょう。

近親配合の成功例

サドラーズウェルズの3x2


出典エネイブルwikipedia

「2019凱旋門賞は雨模様」道悪をものともしない馬の一覧
雨の決戦がほぼ確実になった、2019年の凱旋門賞。道悪に強いキセキファンから、喜びの声が聞こえてきます。バンザイはまだ早い!重馬場をものともしないライバルを数えたら、片手では足りませんでした。実績や調教師の談話をもとに、知ってて損はない道悪巧者をリストアップしてみました。
エネイブルの血統で、特に指摘されるのがサドラーズウェルズの存在です。80年代にアイルランドで活躍したこの馬は、現役生活を8戦5勝で終えました。
勝利戦は愛2000ギニーなど中距離ですが、2400メートルを走るキングジョージや仏ダービーでも、2着と好走しています。マイルからクラシック距離まで器用にこなす馬でした。
Enable
Enable
サドラーズウェルズは父方のひい爺ちゃん、母方の祖父でもあるの。3代前までの家系図に、2つ名前があるでしょ。わたしの血統表の「Sadler’s Wellsの3×2」とは、そういうこと。
サドラーズウェルズの血量が37.5%を占めるエネイブルは、1頭の馬の血が濃すぎる、危険な交配で誕生しました。

インブリードの良いとこどり

近親交配の目的は、優れたサラブレッドの資質を濃縮し、受け継がせることです。が、裏目に出るとたいへんです。病弱や虚弱体質、競走馬に不向きな気質が現れれば、購入コストに対して効果は最悪、せっかくの血統も水の泡です。
サドラーズウェルズのクロスは、成功のシンボルでした。スターホースを出し、濃い血の災いも少ないサイアーとして、地位を固めていきます。
全体としては割にあわない、近親交配の低い成功率を軽がると突破したエネイブルは、インブリード効果が結実した馬に見えます。

サドラーズウェルズ産駒の特徴

ウィキペディアには、まさにエネイブル的な特質が並んでいます。

  • スタミナが強く心肺能力に定評がある
  • 欧州の深い芝の長距離トラックに適性がある
  • 長距離輸送や連戦に耐える屈強さ

エネイブルの両親

父ナサニエルと母コンセントリック

エネイブルの父ナサニエルは、11戦4勝の成績を残しています。2連覇はなりませんでしたが、キングジョージを勝った馬であり凱旋門賞にも出走予定がありました。母のコンセントリックは2000メートル距離が中心の馬で、生涯成績は6戦3勝です。
ナサニエルの父でありエネイブルの祖父にあたるガリレオは、愛ダービーや英国のエプソムダービー、そしてキングジョージの覇者でもあります。その母は凱旋門賞で優勝した名牝アーバンシーです。
エネイブルの血統表には、キングジョージや凱旋門賞を勝った馬がゴロゴロしています。キングジョージを制した馬は、上期のヨーロッパ王者です。凱旋門賞を勝てば、最強馬の栄誉を手にします。
エネイブルは、出るべくして出た馬です。インブリードは、走るまでわからないと言われます。走らせたらドンズバの大当たり、期待をこえた最高傑作でした。

エネイブルの全弟誕生

Mare: Concentric
Sire: Nathaniel Sex: Colt
Colour: Bay D.O.B: February 27

2019年2月27日、英国ニューマーケットのジャドモントファームで、仔馬が誕生しました。男の子です。母はコンセントリック父はナサニエル、エネイブルの全弟です。

エネイブルには、お父さん違いの兄弟が数頭います。2019年現在競走馬として頑張っている馬は2頭。半弟のセントロイドと同じく半妹のエンタイトルです。
神々しいまでにブリリアントな姉に比べると、戦績は今ひとつパッとしません。
今年生まれた弟は、女王と両親を同じくする待望の牡馬です。血統が競走馬の成績を支配する割合は、統計的には30%程度と言われてます。コンセントリックの2019は、姉のようなスーパーホースになれるでしょうか?

姿を現さないエネイブルの全弟

コンセントリックの2019は、誕生の一報以降ベールに包まれたままです。画像もなければ、コメントが発せられることもありません。
いっぽうで、昨年の3月1日シーザスターズとの交配で生まれたコンセントリックの2018は、生後まもなく元気な姿が配信されています。


邪推の域をでませんが、女王の全弟はインブリードの悲しい因果を背負ってしまった可能性もあります。

「2019凱旋門賞は雨模様」道悪をものともしない馬の一覧
雨の決戦がほぼ確実になった、2019年の凱旋門賞。道悪に強いキセキファンから、喜びの声が聞こえてきます。バンザイはまだ早い!重馬場をものともしないライバルを数えたら、片手では足りませんでした。実績や調教師の談話をもとに、知ってて損はない道悪巧者をリストアップしてみました。




コメント